Cork

pp audio blog

オーディオと電源回路 ピアニシモを聞くために

周波数特性

フルディスクリートアンプ ナカミチ 100PA メンテナンス (21-7)

完全ディスクリートアンプの100PAをメンテナンスしてみます。液漏れが少しありましたが、丁寧に仕上げ、きちんと動作するようになりました。 さらにピアニシモカスタマイズにより、更にSN比を向上し、極上の100PAに仕上げてみたいと思います。

ナカミチ PA-302S ピアニシモカスタマイズ ② (21-07) 仕上編

状態のよいPA-302Sをピアニシモ仕様にカスタマイズシたいと思います。 電源ノイズを落とし込み、OpAmpに自然な響きが得意なmuses8820を採用、 音楽を奏でるアンプに仕上げます。

ナカミチ PA-304S ピアニシモ・カスタム ('21-06)

状態の良いPA-304Sを入手しました。 きっちりメンテナンスして、アコースティックが得意なmuses02をきっちり電圧も調整して、装着してみたいと思います。

ナカミチ PA-302 ピアニシモ・カスタム 整備録 muses02仕様

今回ピュアアナログアンプのPA-302をmuses02を活かせるようにカスタム・メンテナンスしたいと思います。 いつものピアニシモ仕様とOpAmpの電源調整です。 電源電圧は、知られていないのですが、絶対最大定格が18Vで、標準が15V。きっちりカスタムしてみます。

ピュアアナログパワーアンプ PA-300II カスタム・メンテナンス(整備録)

外観に腐食が見られたPA-300IIですが内部は、とても状態がよさそうでした。早速、ピュアアナログアンプに復活させてみたいと思います。

ナカミチ PA-302 ピアニシモ・カスタム 整備録 '21-06 No1

少し改造されているPA-302をカスタマイズして、ピアニシモ仕様に仕上げてみます。 改造によりコンデンサが交換され、液漏れ等の被害がなく、基板はとても良好。 入手時の改造の効果も確認しながら、カスタマイズします。

ナカミチ クロスオーバ EC-200H カスタム・メンテナンス 2021-06

EC-200Hは、ツイータ追加用のクロスオーバネットワークです。 この貴重なEC-200Hをカスタム・メンテナンスして見たいと思います。

ナカミチ PA-200 パワーアンプ カスタム・メンテナンス整備録

小型ですが生粋のピュアアナログアンプ そんなPA-200をしっかりメンテナンス。 さて、こんなアンプを手に入れたらどんな使い方をされますでしょうか。

ナカミチ PA-302S カスタマイズ ① 初期整備

状態のよいPA-302をカスタマイズしてみたいと思います。最初に素性確認を行ってみました。とても良い状態で、ピアニシモカスタマイズも順調にすすみました。

ナカミチ PA-304 カスタム・メンテナンス #3 ('21 5) ② カスタム編

PA-304の修正が終わり、きちんとした状態であることが前回で分かりました。 いよいよ高調波対策を施しピアニシモ仕様にして、muses02をのせて...

ナカミチ PA-202 メンテナンス ('21-05) ② カスタム編

長く眠っていたPA-202をきちんと修繕できたので、高調波対策等を駆使し、ピアニシモ仕様にカスタマイズしてみます。 さて、どんな素晴らしいアンプに仕上がったでしょうか。

Fujitsu TEN α5000M #2 ③ 修理・カスタマイズ

二台目の富士通TENのα5000Mのカスタム・メンテナンスです。 前回と少し状態が異なりますが、どんな仕様だったでしょか。 また、ピアニシモ仕様に仕上げることができるでしょうか。

Fujitsu TEN α5000M ② 修理・カスタマイズ

富士通テンのα5000の修理が概ね完了。 引き続き、状態を確認しながらカスタムを行ってみたいお思います。 さて、ピアニシモアンプにすることができるでしょうか。

ナカミチ PA-304S カスタム・メンテナンス #2 ('21 5) 整備検証

PA-304Sのカスタム・メンテナンス整備録です。 FETのスイッチング制御波形の改善も行っています。

ナカミチ PA-304 カスタム・メンテナンス (2021 03) ② カスタム編

PA-304の基本修理が完了しいよいよカスタマイズです。 高調波対策を始め、OpAmpの電源強化アンプ基板の電力電源のコンデンサ追加など、カスタマイズ盛りだくさんですが、スッキリとした実装にしています。

ナカミチ PA-202 メンテナンス (202103) 整備録

流れ着いたPA-202の状態のよさにびっくり。さて、いつものようにカスタム・メンテナンスを行い、実力も外見とおなじようにして、とっておきのナカミチに仕上げてみます。

JBL GTO755.6 II カスタム・メンテナンス②(メンテナンス)

JBLのビックサイズのパワーアンプをメンテナンスしています。 イコライザの切り替えスイッチの接触不良も直しましたが、まだ安定しないときがあります。 さて、その原因は、つかめるでしょうか。

ナカミチ ストレートアンプ PA-300II カスタマイズ('21 Feb)

幾度とカスタムしている、PA-300IIを極上の状態にしあげてみることに。 さてどんな仕上がりになったでしょうか。またPA-300IIのゲインボリュームの隠れて秘密を明かしてみました。

希少 ナカミチ DAC-111 ① 素性調査編

とても貴重なナカミチのDAC-111にふれる機会に恵まれました。そのナカミチの魂は、内部の基板にしっかりとあらわれていました。素性も素晴らしいものです。

ナカミチ クロスオーバ EC-302 整備録 2021-01

音にこだわったEC-302のカスタム・メンテナンスです。低ノイズ+OpAmpの低歪化し、1ランク上の音に。 最大ゲインが6dBほどありますが、0dBの概ねの位置も記載しています。

ナカミチ モバイルプリアンプ CA-101 2021 #1 カスタム・メンテナンス 整備録

CA-101のメンテナンス機会に再び恵まれました。前回トーンコントロールの切り替えにノイズが生じていたのですが、さて、その原因は、わかるでしょうか。

ナカミチ PA-304S カスタム・高調波メンテナンス (2021 01 #1) 整備録 その2

状態のよいPA-304Sをカスタムします。 ナカミチの魂を継承しつつ、どこまでその実力を引き出すことができるでしょうか。

ナカミチ PA-304 カスタム・高調波メンテナンス (2020 12 #2) 整備録

PA-304の高調波カスタム・メンテナンスの様子をお届けします。

ナカミチ クロスオーバ EC-204 整備録

EC-302と同じ様にEC-204も電源カスタマイズを行ったのですが、ノイズの効果が期待ほど出ませんでした。 さて、その原因と対策は?

ナカミチ モバイルプリアンプ CA-101 カスタム・メンテナンス 整備録

ナカミチの人気のプリアンプCA-101のメンテナンス整備録です。 GND分離によるノイズ対策が以前からの課題でした。さて、GND分離をしたままで、うまく対策ができるでしょうか。

ナカミチ PA-304メンテナンス記録 (2020 11) 高調波カスタマイズ編

PA-304の基本修理が終わり、いよいよ高調波のカスタム・メンテナンスを行います。 さて、その高調波対策の効果は、確認できるでしょうか。

ナカミチ PA-300II 純正機の確認

状態のよいPA-300IIが流れ着きました。 標準機として、もう一度その素性を確認してみたいと思います。もちろんカスタム機との比較をおこないながら。 さて、その違いはどうでしょうか。

ナカミチ PA-202 メンテナンス (202009-1) 整備録

PA-202が運良くながれつきました。 基板の状態もよく、きちんとメンテナンスして、オリジナルの性能を取り戻すべく、丁寧に作業してみました。 f特の微調もしています。

ナカミチ 100PA (#3)メンテナンス 検証編(2020・9)

少し液漏れはあったものの、状態の良い100PAの最終確認です。 きちんと、メンテナンス、カスタムの効果は、確認できるでしょうか。

ナカミチ PA-302 メンテナンス 2020 09 (2) 性能確認 整備録

動かなくなったPA-302のオーナの方にそのままにしておくと、液漏れ等故障がひどくなるとの説明にて、当方へ緊急ドッグ入。 さて、状態はどうでしょうか。無事治せるでしょうか。