Cork

pp audio blog

オーディオと電源回路 ピアニシモを聞くために

ようこそ ppAudio へ

~ pp Audio ようこそピアニシモ オーディオへ ~

 

ピアニシモ

余韻

鍵盤のタッチ

ボーカルの口の動き

弦のスキ-ル音

 

これらが見えて初めて、大きな音の本来の姿がみえてきます。

 

小さな音、ピアニシモを奏でるためには、電源のノイズを極限まで追い込まなければなりません。このために、回路検証から初め、様々な測定を行い、どなたでも納得できるカスタマイズ方法を見出しました。

これにより、抽象的なオーディオ表現ではなく、数値でみなさんにオーディオ機器の状態やカスタムの改善効果をお届けすることができるようになりました。

 

記事一覧

 

☆最新記事☆

matsubaraharry.hatenablog.com

CA-101 カテゴリーの記事一覧 - pp audio blog

100PA カテゴリーの記事一覧 - pp audio blog

ここまで直せる コンデンサ液漏れ腐食(PA-304) - pp audio blog

 ☆注目記事☆

 ・アンプのゲイン調整方法

  普通の音楽(平均-10dB)を2Vのプリで出力した場合、90dBの音圧をボリューム半分の位置(-15dB)で得るためには、アンプは25dBにすれば良い? 少し意味不明ですが、そんな計算をしてみました。
今聞いている音圧に適したパワーアンプの容量もわかるかもしれません。

matsubaraharry.hatenablog.com

 

・チューニングアンプの見分け方

チューニングアンプと呼ばれるものがたくさんあります。そんなアンプの注意点をまとめてみました。

matsubaraharry.hatenablog.com

 

 

もくじ

 

 PowerAmp

パワーアンプは、車載搭載を主に検証、カスタムしています。カスタムのビフォーアフターの効果を様々な測定で効果を見ることができました。

 

にほんブログ村 車ブログへ

ナカミチ
KENWOOD
D級アンプ

ヘッドユニット

名機ばかりを集めて確認しています。

周波数特性など、気になる特性や、矩形波による帯域確認、ブルートゥースとCDの違いなども、参考になると思います。最大出力も重要ですが、-60dBの出力がノイズまみれになっていないかなども、見ています。

また、評価機種を少しずつ予定です。

カロッツエリア
ナカミチ

DAC

PC用のDACが主です。20kHzの再生で謎のゆらぎが発生する機種がありましたが、その原因は、思いもよらないところにありました。(X6Jを見てください) 

スピーカ

実験、評価

小さな音を大切にするため、ちょっとしたことを実験や技術的説明で綴っています。

メンテナンス状況報告

一覧

 記事一覧

 SNS

FaceBookでも、細かな情報をアップしています。

グループ名:オーディオ測定マニア

https://www.facebook.com/groups/3467259939965801/

 

NHKの番組にも

ドキュメント72時間「秋葉原 電子部品に魅せられて」 20200124 | news系動画ライブラリ

オークション

 カスタムナカミチアンプ

オークションに当方が電源ノイズ極小カスタムしたアンプを出品していることがあります。数が少ないので、遭遇された場合は、お早めのご入札、ご検討ください。

       よりすぐりのナカミチアンプたち)