Cork

pp audio blog

オーディオと電源回路 ピアニシモを聞くために

ナカミチ クロスオーバ EC-204 カスタム・メンテナンス 2022-05 #2 (muses8820)

ナカミチクロスオーバネットワークのEC-204続けて二台目のメンテナンス機会にめぐまれました。

今回も、muses8820を活かしたピアニシモ仕様にしあげてみたい思います。

 

はじめに

EC-302やEC-204のクロスオーバ周波数は、5つのスイッチによってデジタル的に、各周波数単位で1~31倍まで設定できます。

設定の説明は、前回の整備録に記載があります。

ナカミチ クロスオーバ EC-204 カスタム・メンテナンス 2022-05 (muses8820) - pp audio blog

 

外観

外観は、大きなキズもなく

とても良好ですね。

メンテナンス

メンテナンスは、電源の長寿命化及び高調波対策を施します

  • 電源コンデンサ低ESR化
     低ESRの電解コンデンサや高分子OSコンを組み合わせ低リップル化。
  • 高調波対策
     電源のノイズ発信源のもとにはチップコンデンサを用いた低ノイズ化対策
  • 二次GNDの接続
     RCAのGND側とアース(シャシー)の遮断ノイズ対策は、高調波が弱い弱点があります。実験によるパラメータを用いて低周波から高調波まで低減
  • OpAmpパスコン+ソケット化
     おなじみmuses8920をHigh側用に4つ使用。
     SWは、5532DDを使います。とても合理的な選択です。
     もちろんソケット仕様で、パスコンも装着します。
改善効果(一次側)

毎回、必ず初期状態を測定し、なにか問題が無いか確認を行います。

EC-204等は、電力が小さいので、大きな問題が起こりにくく、本機体もとても良好です。

いつもの対策、OSコンとチップコンデンサの効果により抑え込みました。

改善効果(二次側)

二次側は、少しリップルが大きめでしたが、

メンテナンスで、きっちり抑え込むことができました。

出力信号の効果

Highは、オリジナルでもとても良好ですしたが、少し高調波が見えます。

電源の高調波対策の効果が前回と同じ様に確認できました。

しっかりメンテナンスができています。

 

カスタム内容おさらい

  • OpAmp (muses8820 x4+ NJM5532DDx2)
     High側(LowCut)へは muses8820を使用し極上の音へと。
     低域には安定した5532の低ノイズ版を採用。
  • 電源入力ノイズ
     電源の入力ノイズへのパスコン追加は、外来ノイズの抑制及び反射を抑え
     電源ケーブルの伝送経路による高調波発振を抑える合理的な方法。
  • 電源高調波対策
     EC-204/302の電源はDC/ACでとても優しい作りですが、EC-204は正弦波
     尖塔のスパイクノイズに影響があるのが分かってきました。
     超低ESRのチップセラコンで最短ルートでノイズを抑制。
     その効果は出力波形で明確に現れています。

まとめ

これまでの経験にもとづき、適切な電源の改善で安心できるアナログクロスオーバネットワークにすることができました。

外観が良好でしたので、クリーニングをほどこすと

スッキリしました。

周波数特性

最後に間違いがないかを確認するため、周波数特性を測定します。

いつ見てもきれいな特性です。LowPassのカットオフが18dBがはっきり見えます。

この特性は、ホームオーディオでも、とても便利ではないでしょうか。

フルレンジ+SWとの組み合わせで、メリットが多いと考えています。

フルレンジで低域を頑張って出そうとすると、コーン紙が大きく動いてしまい、磁気回路の美味しいところを使うことができなくなりがちです。

低域をカットすることで、コーン紙の振幅幅が抑えられ、歪が少なくなります。

そんな効果を確認するのに、とてもよいクロスオーバの一つだと思います。

また、LowCut側の音質劣化もあまり気にしなくすみ、さらに、OpAmpの交換が楽しめます。

ぜひ、お手持ちにEC-204等をおもちでしたなら、メンテナンスご検討おすすめします。

 

カスタムナカミチアンプ

オークションに当方が電源ノイズ極小カスタムしたアンプを出品していることがあります。数が少ないので、遭遇された場合は、お早めのご入札お願いします。

ヤフオク!

 ヤフオク! ナカミチメンテナンス 出品リスト

 

使用した測定器

使用している測定器は、SDS1102というデジタル・オシロスコープ

廉価版(三万円以下)でオーディオの帯域では十分な能力を有しています。

FFTを駆使すれば、ノイズや、歪の傾向も見ることができます。

波形貼り付けもPCにUSBで可能です。

奥行きがとても薄いので、机の上に常備しています。

  

OWON ハイコストパフォーマンスデジタルオシロスコープ 1Gs/s 100MHz帯域 薄型軽量 SDS1102

にほんブログ村 車ブログ カー用品・装備へ
にほんブログ村

 

 

USAナカミチ PA1002 カスタム・メンテナンス

USAナカミチ PA1002のカスタム・メンテナンスの機会にめぐまれました。
複数台とも少しチリチリ音がするとのことのことでした。



はじめに

USAのナカミチPA1002は、黒ベースにナカミチのロゴのデザインが特徴です。

仕様をJapan Nakamichiの PA-302と比べてみましょう。

PA1002仕様

体積は小さいですが、少し重くなっており、重厚なボディの証です。
そのため、出力も余裕が生まれたと考えます。

また、入力レベルも4Vまで対応可能。ハイレベル入力も対応しています。

 

状態確認

 出力の状態をまず見てみましょう。

出力状態

少しスパイクがきになります。これが、チリチリと言う要因です。

 

電源解析

電源のブロックを調べてみました。

プッシュプルなのですが、二次の巻線を一次側にまわしています。

一次の片方がOFFのときに、マイナスBATになるのを利用して、出力の電圧を稼いでいると思われます。

電源状態(一次側)

一次側の変動は

一般的なレベルです。

電源状態(二次側)

カスタマイズ

まずは、電源をカスタマイズします。

電源(一次側)

いつものように、低ESR電解、高分子、そして、チップセラコンを施します。

変動は、1/3に抑え、高調波も小さくなりました。

電源状態(二次側)

いつものコンデンサ交換及び、チップセラコンを追加で対策

100mV以下にすることができました。

出力確認

電源の高調波対策効果を出力波形で確認してみます。

スパイクが半分ぐらいになりましたが、まだ気になります。

電源対策(リターン電流)

このプッシュプルスイッチング電源は、二次側に一次側のスパイクがダイレクトに伝わり、かつ、逆起電圧を利用して効率をあげています。

その結果、二次側のGNDへ、二次側の電流が流れており電流ノイズが大きくなっていると考えています。

また二次側のGNDの電流がスピーカ出力を経由しているも、気になります。

理想の電流の帰還は

実際にワイヤーを用いて、一次側のGNDへ一点にしてみました。

出力状態(リターン電流改善)

さて、出力の状態は改善されたでしょうか。

だいぶ良くなりました。

カスタマイズ(エッセンス)

出力にフィルタがついているのですが、一般的についているコイルフィルタがありません。数uH程度のコイルをつけてみました。

実測は0.4uH程度でした。100kHzでは-0.5dB程度でほとんど影響がなく、
1MHzでー18dBの減衰になります。

さらに良くなったことがわかります。

まとめ

今回のPA1002は、少し変形のスイッチン電源回路で、スパイクノイズがきになるとのことでしたが、高調波対策とGNDのリターン電流の改善で対策してみました。

周波数特性

最後に周波数をみてみましょう。

とても、きれいな特性です。10~100kHzで、-1.5dB以内といってよいでしょう。

 

カスタム内容

それでは、これまでのカスタム内容をおさらいしてみます。

  • 一次側
     低ESR電解+高分子コンデンサ+チップセラコン
  • 二次側電力用
     低ESR電解+チップセラコン追加
     整流ダイオードにビーズコア追加
  • GNDリターン電流改善(一点接続)
     一次側コモン端子を一点GNDポイントに。
      1)  二次側GNDとコモン端子
      2)SP GNDとコモン端子
      3)電圧増幅部(プリアンプ部含む)GNDとコモン端子
  • OpAmp電源
    電解コンデンサを高分子化

今回は、PA1002のスイッチング電源の回路に工夫があり一次側のノイズが伝搬しやすくなるのと、GNDのリターン電流が大きなノイズ元になってしまうことが、わかりました。

本当は二次のGNDを通常の二次巻線のコモンとするのが良いと思うのですが、効率が低下が懸念されますので、まずは、この状態で、オーナーの方に確認していただきます。

他のシリーズについて

 同じナカミチですが日本とUSAナカミチでは、作りが異なります。

USAのPA504は、同じ4chのPA-304ボディが1.5倍あるでしょうか、放熱効果がよく余裕が感じられます。

 電源もFETでスイッチングして、効率も向上しているでしょうか。

 マルチアンプシステムを考慮して、プリアンプの機能が充実しているとおもいます。
 アメリカンサウンドらしく、Dynamic Bass Processerが装備されています。

 大きなサブウーファを思いっきり鳴らす時に活躍しそうです。

 

****

 

カスタムナカミチアンプ

オークションに当方が電源ノイズ極小カスタムしたアンプを出品していることがあります。数が少ないので、遭遇された場合は、お早めのご入札お願いします。

ヤフオク!

 ヤフオク! ナカミチメンテナンス 出品リスト

 

使用した測定器

使用している測定器は、SDS1102というデジタル・オシロスコープ

廉価版(3万円以下)でオーディオの帯域では十分な能力を有しています。

FFTを駆使すれば、ノイズや、歪の傾向も見ることができます。

波形貼り付けもPCにUSBで可能です。

奥行きがとても薄いので、机の上に常備しています。

 

OWON ハイコストパフォーマンスデジタルオシロスコープ 1Gs/s 100MHz帯域 薄型軽量 SDS1102

 

にほんブログ村 車ブログ カー用品・装備へ
にほんブログ村

 

 

 

ナカミチ クロスオーバ EC-204 カスタム・メンテナンス 2022-05 (muses8820)

ナカミチクロスオーバネットワークのEC-204のメンテナンスの機会にめぐまれました。

ピアニシモ仕様にmuses8820を使って極上の一台に仕上げたいと思います。

はじめに

EC-302やEC-204のクロスオーバ周波数は、5つのスイッチにより行います。言わば、デジタルスイッチで、最小周波数単位で1~31倍まで設定できます。

例えばLow側は10Hz単位で、もし、150Hzにしたい場合

80、40、20、10のスイッチをONにすれば150Hzになります。

 

スイッチ5つでも十分細かく設定でき、再現性が高いのが魅力です。

さっそく、メンテナンスを始めたいと思います。

メンテナンス

メンテナンスは、電源の長寿命化及び高調波対策を施します

  • 電源コンデンサ低ESR化
     低ESRの電解コンデンサや高分子OSコンを組み合わせ低リップル化。
  • 高調波対策
     電源のノイズ発信源のもとにはチップコンデンサを用いた低ノイズ化対策
  • 二次GNDの接続
     RCAのGND側とアース(シャシー)の遮断ノイズ対策は、高調波が弱い弱点があります。実験によるパラメータを用いて低周波から高調波まで低減
  • OpAmpパスコン+ソケット化
     おなじみmuses8920をHigh側用に4つ使用。
     SWは、5532DDを使います。とても合理的な選択です。
     もちろんソケット仕様で、パスコンも装着します。
改善効果(一次側)

電源入力はEC-302と同様、高周波のインピーダンスが高い(パスコンが未装着)為、高調波が目立ちます。

 

チップセラコンと大きめのディスクリートセラコンで抑えています。

電源の入力のスイッチングノイズは、OSコンとチップコンデンサの効果により抑え込みました。

改善効果(二次側)

二次側は、高調波が少し音声出力にもれだしていますので、きっちりチップセラコンで抑えます。

きっちり抑え込むことができました。

出力信号の効果

Highは、オリジナルでもとても良好ですしたが、少し高調波が見えます。

電源の高調波対策の効果がはっきり確認できます。

カスタム内容おさらい

  • OpAmp (muses8820 x4+ NJM5532DDx2)
     High側(LowCut)へは muses8820を使用し極上の音へと。
     低域には安定した5532の低ノイズ版を採用。
  • 電源入力ノイズ
     電源の入力ノイズへのパスコン追加は、外来ノイズの抑制及び反射を抑え
     電源ケーブルの伝送経路による高調波発振を抑える合理的な方法。
  • 電源高調波対策
     EC-204/302の電源はDC/ACでとても優しい作りですが、EC-204は正弦波
     尖塔のスパイクノイズに影響があるのが分かってきました。
     超低ESRのチップセラコンで最短ルートでノイズを抑制。
     その効果は出力波形で明確に現れています。

  

まとめ

これまでの経験にもとづき、適切な電源の改善で安心できるアナログクロスオーバネットワークにすることができました。

 

OpAmpのソケット化は、ブラケットと干渉するため、2箇所ほど、加工しています。

加工後、研磨して、防錆処理(クリア)を軽く吹きます。

これで、末永く使っていただけるようになりました。

 

周波数特性

最後に周波数特性を確認し完成です。

EC-204は、High側は、バッファとしても使うことができます。
OpAmpの評価用にも面白いと思います。

 

EC-204注意点

EC-204は、Front+RearからSWの信号を作り出しています。そのため、FrontとRearに微小ですがクロストークが生じます。

また、Front、Rear単体で使用すると、出力が-2dBほど減衰します。

ソースが2ch(Front)のみの場合、Rearへジャンパを接続して使うと改善できます。

 

カスタムナカミチアンプ

オークションに当方が電源ノイズ極小カスタムしたアンプを出品していることがあります。数が少ないので、遭遇された場合は、お早めのご入札お願いします。

ヤフオク!

 ヤフオク! ナカミチメンテナンス 出品リスト

 

使用した測定器

使用している測定器は、SDS1102というデジタル・オシロスコープ

廉価版(三万円以下)でオーディオの帯域では十分な能力を有しています。

FFTを駆使すれば、ノイズや、歪の傾向も見ることができます。

波形貼り付けもPCにUSBで可能です。

奥行きがとても薄いので、机の上に常備しています。

  

OWON ハイコストパフォーマンスデジタルオシロスコープ 1Gs/s 100MHz帯域 薄型軽量 SDS1102

にほんブログ村 車ブログ カー用品・装備へ
にほんブログ村

 

 

ナカミチ クロスオーバ EC-302 カスタム・メンテナンス 2022-05 (muses8920)

メンテナンスしたEC-302のmuses8920へのカスタム機会に恵まれました。
OpAmp装着には、ブラケットの加工が必要になりますが、きっちり仕上げたいと思います。

はじめに

EC-302やEC-204のクロスオーバ周波数は、5つのスイッチにより行います。言わば、デジタルスイッチで、最小周波数単位で1~31倍まで設定できます。

 

例えばLow側は10Hz単位で、もし、150Hzにしたい場合

80、40、20、10のスイッチをONにすれば150Hzになります。

 

f:id:MatsubaraHarry:20210930183114j:plain

スイッチ5つでも十分細かく設定できるのと、ズレが生じないのが魅力です。

早速メンテナンス後の状態を確認します。

 

メンテナンス

メンテナンスは、電源の長寿命化及び高調波対策。それに、GNDのフローティングによる高調波発振を解消します。

  • 電源コンデンサ低ESR化
     低ESRの電解コンデンサや高分子OSコンを組み合わせ低リップル化。
  • 高調波対策
     電源のノイズ発信源のもとにはチップコンデンサを用いた低ノイズ化対策
  • 二次GNDの接続
     RCAのGND側とアース(シャシー)の遮断ノイズ対策は、高調波が弱い弱点があります。実験によるパラメータを用いて低周波から高調波まで低減
  • muses8920
     おなじみmuses8920を贅沢に7つ用います。
     もちろんソケット仕様で、パスコンも装着します。
改善効果(一次側)

電源入力は高周波のインピーダンスが高いため、高調波が目立ちます。

チップセラコンと大きめのディスクリートセラコンで抑えています。

電源の入力のスイッチングノイズは、OSコンとチップコンデンサの効果により抑え込む事ができました。

改善効果(二次側)

二次側は、あまり大げさにせず

半分ほどの変動に押さえこみました(縦のスケールが異なり20mV:10mV)

出力信号の効果

MIDとLowは、オリジナルでもとても良好ですが、Highは、少し高調波が目立ちます。

高調波対策と適切なGNDの接続パラメータにより発振を抑えています。

まとめ

これまでの経験にもとづき、適切な電源の改善及び、High側の高調波ノイズの抑制にて安心できるアナログクロスオーバネットワークにすることができました。

 

OpAmpのソケット化は、ブラケットと干渉するため、加工しています。

ドリル、精密ノコギリ、ニブラ、そしてヤスリで仕上げています。

 

OpAmp取外し注意点

 この基板は、両面基板のため、部品取付穴がスルホール(一種のハトメ構造)になっています。手頃なハンダ吸い取り機では、きちんと取れません。

当方は、工場で使う電動吸い取り機を用いているので、基板へのストレスを最低限に押さえて施工できます。

一方、半田吸い取りき(すっぽん)で、無理して取り外そうとすると、基板を炒めてしまいますので注意が必要です。(低温半田等を駆使して使うと、少し取外しやすくなります。)

周波数特性

最後に周波数特性を確認し完成です。

注意としては、Highは、どうしてもLowCutが働きます。

また、Mid/lowもHigh Cutが働いてしまします。

フルレンジ+SWの場合は、500Hzが最低の周波数になってしまうので、注意が必要です。

 

カスタムナカミチアンプ

オークションに当方が電源ノイズ極小カスタムしたアンプを出品していることがあります。数が少ないので、遭遇された場合は、お早めのご入札お願いします。

ヤフオク!

 ヤフオク! ナカミチメンテナンス 出品リスト

 

使用した測定器

使用している測定器は、SDS1102というデジタル・オシロスコープ

廉価版(三万円以下)でオーディオの帯域では十分な能力を有しています。

FFTを駆使すれば、ノイズや、歪の傾向も見ることができます。

波形貼り付けもPCにUSBで可能です。

奥行きがとても薄いので、机の上に常備しています。

  

OWON ハイコストパフォーマンスデジタルオシロスコープ 1Gs/s 100MHz帯域 薄型軽量 SDS1102

にほんブログ村 車ブログ カー用品・装備へ
にほんブログ村

 

 

アマチュア無線用 TRIO PS-20

カーアンプをホームオーディオで使うための電源をさがしていましたところ、アマチュア無線 TRIO PS-20を手に入れることができました。


初期状態

動作は、問題なく、出力は、12V程度でした。

(内部の調整が最小になっていたのが後でわかりました)



 

底には、リフトアップの機能がついています。

アマチュア無線機本体と合わせてあるとのことです。



内部状態もホコリが多少見られましたが、きれいです。



お化粧直し

ケースを取外して、水洗い後、耐水ペーパでかるく汚れ、サビをとります。

その後、プラサフにて防錆を行い、シャシーブラックで、シボっぽく仕上げます。


パネルは、フロントをマスキング後、折り返し部分のみ、

  1. プラサフ
  2. シャシーブラック
  3. シルバー

を施し、ガンメタリックっぽくしてみました。

 

内部清掃

分解した際に、洗浄しました。

トランスは、還元剤で防錆処理を行い、セミブラックで仕上げました。

 

仕上がり

見た目がスッキリして

凛々しくなっています。

見えない底も、ネジ等を新品にし

 

リフトスタンドも磨き上げました。

 

銘版も表面のフィルムを交換

とてもきれいになりました。

 

出力状態

さて、肝心な出力は、どうでしょうか。

アナログ電源だけあって、高調波が見られません。とても優秀ですね。

負荷変動

8.2オームの抵抗を組み合わせて負荷変動を確認してみました。

レギュレターがきちんと働いており、スペックオーバの5Aを流しても0.02V程度の電圧変動に抑えられています。

満足のゆく特性です。

まとめ

今回は、アマチュア無線用電源を取り上げてみました。

ノイズを嫌う無線用の電源だけあって、とても優秀です。

出力が4A程度ですが、プリアンプやヘッドユニット用に使い、パワーアンプと電源を分けてみると、さらにピアニシモが生きてきて、思わぬ効果が、聞こえなかった音が聞こえるかもしれません。

 

 

 

Clarion APA2180 カスタム・メンテナンス

クラリオンパワーアンプのメンテナンスに恵まれました。

小型ですがとても高出力なアナログアンプです。

素性も調べなたらしっかりピアニシモ仕様に仕上げていみたいと思います。

 

はじめに

このアンプは、28.5cm x16.5cm のサイズで、2.8kgの比較的軽量

押出材のアルミヒートシンクで放熱効果を上げ、FANレス仕様になっています。

仕様

APA2180は、小型ながら190W x2chの高出力。

いつものナカミチPAシリーズと比較するとその出力差は歴然。

その他のスペックも見劣りしません。素晴らしい特性です。

さらにクロスオーバネットワークも有しており、とても使い勝手の良いアンプです。

状態確認

素性をまず見てみました。

電源状態

とてもリップルノイズ等小さく優秀です。

二次側

フィルタが見当たりませんが

とても素晴らしい特性です。

微小出力波形

海外製のアンプは高調波ノイズがめだちますが

さすがクラリオンです。高調波もとても小さく、素晴らしい特性です。

周波数特性

さて周波数特性はどうでしょうか。

50kHzまで、きちんと-1dBに入っています。

とてもフラットで優秀です。

ピアニシモ・メンテナンス

とても良好でしたので、さらに磨きをかけたいと思います。

  • 高調波対策
     電解コンデンサの交換、チップセラコン等で高調波を低減します
  • ゲインボリューム交換
    ギャングエラーを低減します
  • 放熱アップ
    電力素子の絶縁に放熱シートを使用
    グリスレスになり、熱抵抗も低減、安定します。
  • 無極性カップリングコンデンサ
    入力には、高分子フィルム
    出力段には、museの無極性電解を用います。
    歪と高域特性の改善が見込めます。
  • OpAmp(muses8920 )
    5532からmuses8920に交換。
OpAmp改装方法

チップのオペアンプの交換は、低温半田と、半田コテ二本で比較的簡単に行えます。

最初は、チップOpAmpの変換基板等で、練習を行ってからが良いと思います。

交換後は、半田を多くせず、フィレットが確認できるように仕上げるのを基本とすると良いです。

一次側

一次側は、超低ESRのコンデンサと大容量コンデンサを組み合わせ、低周波変動を低減、さらに大型チップコンデンサ(3225サイズ)をもちいて

高調波をきっちり、抑え込みます。

二次側

二次側も同じ様に

チップセラコンできっちり抑えることができました。

微小出力波形

オリジナル状態でも良好でしたが

高調波対策がきっちり確認することができました。

周波数特性

オリジナルがとても良好でしたが

気持ちですが、高域が改善が見られます。

まとめ

このアンプは、価格からは信じられないパワーと特性を秘めたとても優秀なアンプであることがわかりました。

オリジナルの素性をそのままに、高調波対策を施しピアニシモ仕様の低ノイズ化と高分子フィルムとmuses8920を搭載し低歪化が聞いていても確認できます。

端子ネジ交換

出力ネジが少し傷んでいましたので

イモネジと交換してみました。また、取り付け後、ネジの飛び出しが少なくなります。

 

*おしまい*

 

サブウーファ様に用いる予定とのことで、コンデンサの容量アップ、低ESR化で切れのある低音が聴こえてくると思います。

また、フルレンジで使っても十分に楽しめるアンプに仕上がっていますので、カーオーディオの様々な変更にも柔軟に活用いただけると思います。

 

 

***

 

使用した測定器

使用している測定器は、SDS1102というデジタル・オシロスコープ

廉価版(三万円以下)でオーディオの帯域では十分な能力を有しています。

FFTを駆使すれば、ノイズや、歪の傾向も見ることができます。

波形貼り付けもPCにUSBで可能です。

奥行きがとても薄いので、机の上に常備しています。

  

OWON ハイコストパフォーマンスデジタルオシロスコープ 1Gs/s 100MHz帯域 薄型軽量 SDS1102

にほんブログ村 車ブログ カー用品・装備へ
にほんブログ村

 

 

 

 

ナカミチ PA-304S カスタム・メンテナンス ('22 4) 整備録

再びPA-304Sのメンテナンスに恵まれました。
ピアニシモ仕様でしっかり仕上げたいと思います。

はじめに

このPA-304Sの電源にはFETを用いていますので、電源の効率がよく、従来機種よりパワーが引き出すことが期待できます。

f:id:MatsubaraHarry:20220304084200j:plain

その他、この304のSバージョンは、いくつかセラミックを、メタライズドフィルムにアップグレードされています。

基本メンテナンス

外観

歴史のあるアンプですが、清掃や、僅かなタッチアップで清潔感のある状態に仕上がりました。

内部の絶縁シートも新品に交換します。

底板も、防錆処理を施し、近似色で仕上げています。

 

電源状態

基本メンテナンス後、オリジナルと同じ状態であるか、電源の波形を確認します。

一次側

PA-304のSバージョンは、ノーマルに比べ入力側の変動が小さめです。

二次側(電力用)

二次側のチョークコイルが、密閉型のものが採用されいます。

この状態でも良好です。

二次側(電圧用)

スパイクが少しきになる電圧用(40V)ですが

スパイクも小さめで良好です。

OpAmp電源

高周波数のノイズがきになるOpAmpの電源ですが

わずかに確認できる程度。とても良好です。

出力波形

微小信号の状態をみてみました。

標準的なPA-304よりは良好ですが、少し高調波が目立ちます。

Bchの方が、大きめなのもPA-304の傾向です。

ピアニシモカスタム

ピアニシモ仕様にするためのアイティムです。

基本的な施工ですが、合理的にノイズを抑制する効果があります。

高分子フィルムカップリングは、とても小型で、標準の電解コンデンサからの置き換えが容易、かつ、圧電ノイズや歪が小さいのが特徴な、おすすめのアイティムです。

 

  • RCA GND接続係数

何度か、当方のブログで取り上げていますが、ナカミチ パワーアンプRCA GNDは、差動入力として使われています。
そのため可聴範囲、OpAmpの応答範囲で、コモンモードノイズを相殺する機能があります。

しかしながら、高い周波数になると、伝送経路やOpAmpの応答でうまく動作しきれません。内部GNDとの接続方法を少し修正してあげるととても良好のなることが、これまでの経験で分かってきました。

一次側

効果がとても良くわかると思います。

二次側(電力用)

とても良好な電力用電源ですが

さらに良くなりました。

二次側(電圧用)

Sバージョンはスパイクが小さめですが

スパイクのみを抑制することができています。

OpAmp電源

OpAmpの電源は、電源ラインの反射の影響で高周波数が確認できます。

パスコンで簡単に抑制できます。

もちろん、OpAmp用電源に基本的な電力マージンを設けて始めて、ここまで落ち着かせることができます。

まとめ

PA-304やPA-304Sは、これまでの経験でいくつか、改善点が分かってきました。
それらを余すことなく、施すことで、ピアニシモ仕様に仕上げることができます。

単純に部品交換だけでは、到達できない状態です。

微小出力

電源や、GNDの接続係数の関係で大きめの高調波でしたが

いくつかのプロセスできれいに仕上がります。

各チャネルごとにノイズに違いがみられましたが、

きれいに同じ様になりました。

周波数特性

最後に周波数特性を確認します。

高域も高分子フィルムの効果で程よく改善が確認できます。

 

どこにでもある、変哲もない、基板の実装状態ですが

しっかり、理にかなった実装で末永く使っていただくための現れです。

いつまでも、ナカミチが大好きな方の片隅で、音楽を奏でますように。

 

メンテナンスご依頼

PA-304は、時を重ねたアンプで、音が出なくて悔しい思いをされている方も多いと思います。

当方では、オーナ様の要望に合わせたメンテナンスを承ります。

シンプルな修理から、ピアニシモ・カスタマイズまでご要望に合わせてきっちりメンテナンスいたします。

お問い合わせは、当方のプロフィールに記載されているアドレスに、お願いします。

カスタムナカミチアンプ

オークションに当方が電源ノイズ極小カスタムしたアンプを出品していることがあります。数が少ないので、遭遇された場合は、お早めのご入札お願いします。

ヤフオク!

 ヤフオク! ナカミチメンテナンス 出品リスト

 

使用した測定器

使用している測定器は、SDS1102というデジタル・オシロスコープ

廉価版(3万円以下)でオーディオの帯域では十分な能力を有しています。

FFTを駆使すれば、ノイズや、歪の傾向も見ることができます。

波形貼り付けもPCにUSBで可能です。

奥行きがとても薄いので、机の上に常備しています。

 

OWON ハイコストパフォーマンスデジタルオシロスコープ 1Gs/s 100MHz帯域 薄型軽量 SDS1102

 

にほんブログ村 車ブログ カー用品・装備へ
にほんブログ村