Cork

pp audio blog

オーディオと電源回路 ピアニシモを聞くために

ナカミチ PA-302S ピアニシモ・カスタマイズ '21-jul #2

今月2台めのPA-302Sのカスタム・メンテナンス整備録になります。
状態の良いPA-302Sが入手出来ましたので、ナカミチファンにお届けすべく、メンテナンスシてみたいと思います。
今回は、今まで取り上げていなかった、アンプ基板の電源状態のカスタムによる改善効果を含めて紹介してみたいと思います。

f:id:MatsubaraHarry:20210728134054j:plain

 はじめに

PA-302は、電源基板とアンプ基板の2枚構成になっています。

 

f:id:MatsubaraHarry:20210714172748j:plain

左側が電源基板、右側が、アンプ基板になり、きっちり別れています。

ボディに装着する際に、基板の間にシールド板が入るようになって、電磁シールドもされているこだわりようです。

 

基板の接続を、わかりやすいように、ブロック接続図を書いてみました。

f:id:MatsubaraHarry:20210728134307j:plain

(各部の電源は正極と負極の2電源です。)

このPA-302は、電力用のコンデンサがアンプ基板にふんだんに搭載されているのが、特徴です。
PA-304、PA-300には標準では搭載していませんので、当カスタマイズは搭載し、効果的に改善を行っています)

 

 

基本的なカスタム確認の最後に、このアンプ基板の電源カスタマイズの効果を紹介しますので、最後まで、閲覧お願いたします。

ピアニシモカスタム確認

いつものように、初期状態確認後、高調波カスタマイズ(ピアニシモカスタマイズ)を行い、効果の測定を行います。

入力ノイズ

入力ノイズは、一次側や二次側の対策の相乗効果がみられます。

f:id:MatsubaraHarry:20210728135002j:plain
一次側は、いつもの約0.3V程度になり、とても、良好です。

二次(電力用)

二次の電力用は、少し小さめの電解コンデンサが装着されていますが、コイルが挿入されいるため、程よく抑制しています。

f:id:MatsubaraHarry:20210728135111j:plain

電解コンデンサは、程々の容量アップで、低ESRのものを使用し、抑制し、セラミックコンデンサにてしあげ、10mV程度に仕上げました。

二次側(電圧用)

電圧用は、フィルタが割愛され、スパイク少しありますが、後段に定電圧回路があるので、さほど気にしなくてよいのですが

f:id:MatsubaraHarry:20210728135239j:plain

伝搬しやすい高調波を、チップセラミックでしっかり抑えました。

OpAmp電源

OpAmpの電源もいつもどおり、仕上げました。

f:id:MatsubaraHarry:20210728135415j:plain

  • 電圧変更 19V->16V
     musesを装着するので、16Vに落とします。
     電圧を落とすことで、電流容量もアップします。
  • トランジスタ、抵抗
     供給電圧を落とすことで、降下電圧が上昇、それにより抵抗の電流が上昇。
     供給電流がアップします。
  • 平滑コンデンサ
     オリジナルでは、セラコンですが、高分子の電解コンとし、
     高周波と、低周波改善させています。
  • パスコン
     OpAmpの直下にセラコンを取り付け、高調波のターミネーションを実施

OpAmpの電源は、とても重要なので、きちんと対策します。

アンプ基板電源(電力用)

上記で測定した電力用電源が、ケーブルでアンプ基板に接続、大きなコンデンサ4つで平滑しています。これが、PA-302の力強さと、歪の小ささの特徴の要になっています。

f:id:MatsubaraHarry:20210728140620j:plain

標準でも、ほとんど振れが無い良好なレベルです。

これを、容量を上げた低ESR電解コンデンサを用いて高域でもインピーダンスを低下させます。

f:id:MatsubaraHarry:20210728140712j:plain

ほとんど揺れが確認できないレベルに落ちつかせることができます。

アンプ基板電源(電圧用)

あまり取り上げられないのですが、当方ではしっかりチェックを行います。

f:id:MatsubaraHarry:20210728141043j:plainオリジナルで装着されているセラコン効果で、スパイクはありませんが低周波で発振シている感じです。

このような箇所には、オーディオ用の電解コンデンサが有効です。

f:id:MatsubaraHarry:20210728141230j:plain

適切な容量で、抑えることができます。

 出力確認

最後にピアニシモカスタムの確認として、出力信号を確認し、カップリングを交換します。

微小電圧

PA-302はオリジナルでも優れたSN比を誇りますが、拡大すると少しノイズが見られることがあります。

f:id:MatsubaraHarry:20210728141425j:plain

ピアニシモ・カスタマイズで、きっちり高調波ノイズを抑えることができました。

 

周波数特性

カップリングを交換まえにオリジナルを測定します。

f:id:MatsubaraHarry:20210714181210j:plain

かまぼこタイプのとても良い特性です。

カップリング交換

カップリングは、高分子フィルムを採用します。高分子フィルムは、色付けがほとんどなく、歪も感じられ、かつとても小型で搭載が合理的にできます。

小型なので、容量も4.7uからアップすることができ、低域も改善できます。

f:id:MatsubaraHarry:20210728141549j:plain

電解コンデンサカップリングに使う場合、高域のタレを防ぐため、小さなフィルムコンデンサを並列に使います。
この、高域補正のコンデンサを今回も、取り除いていますが、高域特性を保持しながら、容量アップで、低域を改善ができました。

大きなフィルムコンデンサを無理に装着するより、シンプルで、合理的な施工です。

まとめ

いかがでしたでしょうか、
PA-302は、電源回路とアンプ回路が別の基板で構成され、実は、電磁シールドも施している徹底ぶりです。その効果により、他のアンプでは、実現出来ないような低ノイズ、高SN比のアンプを実現しています。

このアンプは、使い方一つで、びっくりするような音を奏でてくれます。

PA-302シリーズは、内部に余裕がありますので、状態のよいPA-302を見つけられたら、ぜひ、手にしてみてください。ご自分で、カスタムしても良いですし、難しかったら、当方まで、お気軽にメールでお願いします。

(迷惑メール防止の為、メールアドレスはプロフィールより探してみてください。)

 

ナカミチ PA-302S ピアニシモカスタマイズ ① (21-07) 初期整備編 - pp audio blog

PA-302 カテゴリーの記事一覧 - pp audio blog

カスタムナカミチアンプ

オークションに当方が電源ノイズ極小カスタムしたアンプを出品していることがあります。数が少ないので、遭遇された場合は、お早めのご入札お願いします。

ヤフオク!

 ヤフオク! ナカミチメンテナンス 出品リスト

 

使用した測定器

使用している測定器は、SDS1102というデジタル・オシロスコープ

廉価版(三万円以下)でオーディオの帯域では十分な能力を有しています。

FFTを駆使すれば、ノイズや、歪の傾向も見ることができます。

波形貼り付けもPCにUSBで可能です。

奥行きがとても薄いので、机の上に常備しています。

  

OWON ハイコストパフォーマンスデジタルオシロスコープ 1Gs/s 100MHz帯域 薄型軽量 SDS1102

にほんブログ村 車ブログ カー用品・装備へ
にほんブログ村

フルディスクリートアンプ ナカミチ 100PA メンテナンス (21-7)

100PAがまた流れ着きました。外見は良さそうですが、念の為、内部の状態を確認してたところ、やはり一次側の電解コンデンサの液漏れがありました。

早速液漏れ修繕から始めたいと思います。

 

f:id:MatsubaraHarry:20210725153438j:plain







 はじめに

100PAは、素子のマージンに余裕がある設計ですので、あまり経年変化のダメージは、大きくない方です。この当時のコンデンサは、液漏のアキレス腱があり、本100PAも残念なことに、影響を受けています。

内部状態

内部を取り出し、状態は一見大丈夫そうですが

f:id:MatsubaraHarry:20210723090635j:plain

一次側の電解コンデンサ付近に液漏れによる侵食が見受けられます。

洗浄後、部品を取り外します。

f:id:MatsubaraHarry:20210723090707j:plain

部品を外し、確認したところ、抵抗やダイオードトランジスタが侵食され、一部リード線が溶断していました。

 

基板修繕

電解液にさらされている部品を

f:id:MatsubaraHarry:20210723090846j:plain

電解コンデンサの電源の太いパターンは、研磨で対応できましたが、周辺の回路のパターンが溶断しています。

ハトメ処理

銅箔のPAD(円形の部品はんだ付け配線)が溶けてなくなっているので、

f:id:MatsubaraHarry:20210723091055j:plain

0.1mmの基板とPADで修繕しました。

 

端子台清掃

電源の端子台も、少し酸化して、黒くなっています。

f:id:MatsubaraHarry:20210723091406j:plain

ブラシで、清掃してきれいにしました。

 ブリッジ切り替えSWケーブル

ブリッジの切り替えSWへの配線がシールドされていないので、念の為ツイストしてみました。

シールドにはお呼びませんが、それなりに効果はあります。

f:id:MatsubaraHarry:20210723180353j:plain

動作確認

腐食の影響のあった部品

を交換し、通電確認を行い、無事動作するところまで、復帰しました。

 

早速、正しく動作しているかを確認するため、各部の状態を測定してみます。

 

 

電源入力ノイズ確認

すでに、電解コンデンサを交換しているので、

f:id:MatsubaraHarry:20210723091814j:plain

良好な状態です。

二次(電力用)

チョークコイルが装備されているので、良好な波形が期待できます。

f:id:MatsubaraHarry:20210723092004j:plain

PA-304等と同等の良好な状態です。状態は、良さそうですね。

二次(電圧用)

電圧用は、スパイクが少し目立つ傾向がありますが

f:id:MatsubaraHarry:20210723092114j:plain

それでも100mV程度に収まっています。

出力波形

出力の微小波形で、ノイズ状態を確認します。

f:id:MatsubaraHarry:20210723092249j:plain
少しチャネルごとに差があるようです。

カスタマイズ

基本的な動作が確認できたので、ピアニシモ・カスタマイズ(高調波対策)を施して、100PAの真価を発揮させたいと思います。

  • 電解コンデンサ
     超低ESRの電解コンデンサや、リップルに適合した容量を選択し低減
  • 高調波対策
     チップセラミックコンデンサを主に使用。単に電解コンデンサのリードに取り付けるのではなく、スイッチング素子の近傍に配置し、高調波を効果的に抑制
  • VR交換
     大型のメタルシールドのボリュームに交換。これにより、入力で失われがちな情報の欠落を防ぎます。
  • カップリング
     高分子フィルムで、低歪化及び、小さいながらも容量アップで、低域のタレを改善。
電源入力

もともと、良好でしたが

f:id:MatsubaraHarry:20210723093444j:plain

高調波を特に、抑え込みました。

二次側(電力用)

電力用は、大元にセラコンと、末端(アンプ側)にフィルムを装着し

f:id:MatsubaraHarry:20210723093534j:plain

高調波の反射をおさえ、オリジナルに近い波形にしています。

二次側(電圧)

スパイクが強いので、大型のチップセラコンにより

f:id:MatsubaraHarry:20210723093742j:plain

スパイクを抑え込みます。

出力確認

一度、高調波対策の効果を、出力波形で確認し、その後行う、カップリングによる周波数改善の確認のための、オリジナル周波数特性の測定を行います。

微小出力波形

オリジナルでは、チャネルごとにだいぶばらつきがありましたが

f:id:MatsubaraHarry:20210723180416j:plain

だいぶ改善できました。

周波数特性

周辺状態が整ったので、周波数特性がやっと観測できます。

f:id:MatsubaraHarry:20210723094154j:plain

いつもどおりのかまぼこのとても素直な特性です。

周波数特性(カップリング交換後)

最後にカップリングを交換して、最終特性を測定しました。

f:id:MatsubaraHarry:20210723180457j:plain

オリジナルを生かしつつ、少しだけ低域の改善がされています。

周波数よりも、低歪の効果があります。

振動アイソレーション

100PAには、振動アイソレーションとして、ゴムのダンパーが搭載されています。
ゴムは、硫化水素のガスの発生があり、状態によりますが、少し、周りを酸化させます。

f:id:MatsubaraHarry:20210725153711j:plain

ダンパーの軸受が半分取れてしまっていますが、末永く使うため、防錆処理を施しました。

f:id:MatsubaraHarry:20210725153858j:plain

ダンバーのベースの板金の腐食を研磨して取り除き、プラサフで防錆処理を施します。

 

f:id:MatsubaraHarry:20210725153959j:plain

残っている軸受にも腐食がありましたので、これもシャシーブラックで防錆処理を施し、取り付けネジを交換、出来上がりです。
 

 まとめ

いかがでしたでしょうか。100PAは、なかなか見かけることの無い、ディスクリートアンプです。電源のメンテナンスを行いさらに低ノイズ化を行うと、ナカミチが目指した音がはっきりと、確実に聞こえてきます。

f:id:MatsubaraHarry:20210725154119j:plain

もともと優秀な低ノイズと低歪特性は、カスタムの結果、スペックを大きく超えているのではないでしょうか。

f:id:MatsubaraHarry:20210723182049j:plain

 

もし、アナログのカーアンプに拘られている方は、ぜひ、一度試してみてはいかがでしょうか。

  

にほんブログ村 車ブログへ

 

 
カスタムナカミチアンプ

 

もし、ご自分では難しい方は、どうぞ、当方までご相談ください。

ご相談は、オークションにて承っております。

また、オークションに当方が電源ノイズ極小カスタムしたアンプを出品していることがあります。数が少ないので、遭遇された場合は、お早めのご入札、ご検討ください。

       よりすぐりのナカミチアンプたち)

 

 

  

 

ピュア アナログパワーアンプ PA-300II カスタム・メンテナンス(整備録)21-07

先日、PA-300を2台ほどサルベージして、復活させました。
もう一台、眠っていたのを思い出しましたので、慣れているうちに続けてメンテナンスしてみたいと思います。
少し分解され、修繕を試みた機体ですが、外見も小綺麗にメンテナンスできました。
もちろん、内部は、ピアニシモ仕様で、ゆったりと聴けるカスタム仕様になっています。
そんなPA-300IIのカスタム・メンテナンスの整備録になります。

f:id:MatsubaraHarry:20210717172816j:plain

 はじめに

ナカミチのアンプでもカップリングの入っていない、DCストレートは、このアンプだけでしょうか。
ゲインも入力を絞るのではなく、フィードバックにて対応しています。

(すなわちゲイン調整は、アンプの表情が少し変化します。)

仕様

黒アンプは、後継機より、スペックが良い部分が少しあります。

f:id:MatsubaraHarry:20210223112425j:plain

出力は75Wで通常に使う分には十分なパワーがあり、歪や、SN比は、後継機種よりも優れています。

外観整備

もともと、外観は、ダメージが少なかったので、タッチアップと、フロント、リア、底板パネルの塗装でしあげました。

f:id:MatsubaraHarry:20210717172924j:plain

端子台は、代替品に交換しました。

f:id:MatsubaraHarry:20210717173227j:plain

 

底板も、シャシーブラックで塗装し、耐環境性をアップしました。

f:id:MatsubaraHarry:20210717173115j:plain

基板状態

基板はとても良好で、腐食等は、ありませんでした。

f:id:MatsubaraHarry:20210717173307j:plain

パターンが一部剥がれていたところがありましたが、補修で対応。

  • 電源配線補強
     オリジナルは、線材で補強していましたが、銅線にて処理
  • GND配線
     ヒートシンクを経由してアースが接続されていましたが、配線接続に変更
  • 高調波対策
     いつもの高調波対策を随所に施工しています。
     OpAmpにもセラコンを追加しています。

 

実装部品

無理のない実装を心がけています。

f:id:MatsubaraHarry:20210717173651j:plain

素子の交換効果を確認しながら、最適な容量を、適切なサイズで実現しています。

電源カスタマイズ

PA-300の後継機の電力用電源には、フィルタが装着されているのですが、PA-300IIには、ありませんが、十分な特性を実現しているので、必要なかったのではと思います。

f:id:MatsubaraHarry:20210717174258j:plain

 

電源入力ノイズ

入力側は、高負荷なので、予めいつもの高寿命、低ESRの部品と交換ずみです。

f:id:MatsubaraHarry:20210717174532j:plain

最初から、いい感じの状態になりました。

さらに高調波対策を施し、標準のデータと比較してみると。

f:id:MatsubaraHarry:20210717174710j:plain

メンテナンスの効果がはっきりと確認できます。

二次側(電力)

PA-300は、フィルタが装着されていないので、多少スパイクが観測できますが

f:id:MatsubaraHarry:20210717174805j:plain

いつもの

 高分子コンデンサ+低ESR電解コンデンサ+セラコン

にて施工すると

f:id:MatsubaraHarry:20210717174836j:plain

落ち着いた状態になります。

二次側(電圧)

電圧用もその尖塔波形が厳しいです。

f:id:MatsubaraHarry:20210717175027j:plain

これも

 低ESR電解コンデンサ+チップセラコン

にて抑えます。

f:id:MatsubaraHarry:20210717175048j:plain


効果的な、組み合わせ方法で、合理的に抑えることができました。

OpAmp電源

OpAmpの電源は、誘導と反射のノイズが観測されると考えています。

f:id:MatsubaraHarry:20210717175144j:plain


エネルギーは小さいので、セラコンで抑えることができます。

出力波形

最後に、微小出力と周波数特性を確認します。

微小出力

ナカミチは、ノイズが少ないので、-80dBの状態で確認できます。

(海外のアンプの多くは-60dBで同様の波形になります。10倍違いますが、それは、目指しているところがちがうためと。)

標準機との比較になりますが

f:id:MatsubaraHarry:20210717175212j:plain


わずかですが、確実に改善していることが分かります。

周波数特性

最後に周波数特性を確認します。

f:id:MatsubaraHarry:20210717175233j:plain

いつ見ても、素直な音が見えてきそうな特性です。

まとめ

連続で、PA-300IIをメンテナンスして、極上の状態にしあげてみました。

少し歴史のあるアンプですので、ゲインを少し落とし、使いやすくしています。

この他細かなカスタムをしています。

f:id:MatsubaraHarry:20210620133036j:plain

基板状態

基板は、突飛実装はせず、いつものようにスッキリ仕上げています。

追加のコンデンサも、一見すると、どれが追加しているかわからないと思います。

f:id:MatsubaraHarry:20210717175425j:plain

セラコンをスチコンに変更等、少しおまじないも行っています。

突入電流測定('21 Jul28)

PA-300IIは、ガラス管ヒューズが使われています。念の為、突入電流を観測し、ディレーティングがどの程度あるのかを測定してみました。

最初に通常のリモートでの突入です。

f:id:MatsubaraHarry:20210728172113j:plain

ゆっくりと電流が流れていて、きちんと制御されているのがわかります。

 

続いてコールドスタート。

アンプの内部回路を放電させ、車載した時を想定しています。

内部のコンデンサチャージ分の電流が一気に流れますが、コイルのフィルタが装着されているので、突入はある程度、抑えられます。

f:id:MatsubaraHarry:20210728172247j:plain

それでも瞬間100Aを計測しています。

突入の電流のマージンは、熱量のジュール計算で確認することができます。

 

短い時間の条件で、電流x電流x時間が、一定になります。

管ヒューズは、0.1秒以内であれば、一定になることが、グラフから読み取れます。

15Aのヒューズは、900 A^2 tで

突入は、放電電流の為、ピークの電流が38%になる時間を求めします。

約88  A^2t

となり、10倍のマージンがあることになり、安心して使えることがわかります。

 

最後に

あくまでもPA-300IIの整備録ですが、なにか、ヒントになるポイントがありましたでしょうか。最後まで、閲覧ありがとうございます。

やっぱり、PA-300II と言いたいアンプです。

もし、運良く巡り合わせることができましたら、ぜひ、一度、聞いてみてはいかがでしょうか。

これまでのPA-300シリーズは、下記よりご覧になれます。

PA-300 カテゴリーの記事一覧 - pp audio blog

 

もし、オークションでPA-300IIやLimitedを見かけたらご検討されてはいかがでしょうか。

 

今までのPA-300のメンテナンスは、下記よりご覧になれます。

PA-300 カテゴリーの記事一覧 - pp audio blog

カスタムナカミチアンプ


オークションに当方が電源ノイズ極小カスタムしたアンプを出品していることがあります。数が少ないので、遭遇された場合は、お早めのご入札お願いします。

ヤフオク!

 ヤフオク! ナカミチメンテナンス 出品リスト

 

使用した測定器

使用している測定器は、SDS1102というデジタル・オシロスコープ

廉価版(3万円以下)でオーディオの帯域では十分な能力を有しています。

FFTを駆使すれば、ノイズや、歪の傾向も見ることができます。

波形貼り付けもPCにUSBで可能です。

奥行きがとても薄いので、机の上に常備しています。

  

 

にほんブログ村 車ブログ カー用品・装備へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

ナカミチ PA-302S ピアニシモカスタマイズ ② (21-07) 仕上編

状態のよいPA-302Sのカスタマイズのピアニシモ対策編(高調波対策)になります。
何度も行っている PA-302S ですので、きっちり安定した仕上がりにシたいと思います。

 

f:id:MatsubaraHarry:20210715173626j:plain



 おさらい

状態のよいPA-302Sを末永く使えるべく、高負荷パーツを耐久性のあるものに交換、動作測定、確認を行い、基本整備を完了しました。

f:id:MatsubaraHarry:20210714172748j:plain

シンプルな仕上がりになっています。これから、カップリングの交換を行います。

液漏れ等の痕跡はなく、とてもきれいです。

 

ピアニシモカスタム確認

電源の高調波対策を一つずつ行い、確認してゆきます。

 

入力ノイズ

入力ノイズは、一次側や二次側の対策の相乗効果がみられます。

f:id:MatsubaraHarry:20210714174037j:plain

一次側は、3Vが0.3V以下の 1/10 になりました。とても、良好です。

二次(電力用)

二次の電力用は、少し小さめの電解コンデンサが装着されていますが、コイルが挿入されいるため、程よく抑制しています。

f:id:MatsubaraHarry:20210714174308j:plain

セラミックコンデンサにてしあげ、10mV程度に仕上げました。

二次側(電圧用)

電圧用は、後段に定電圧回路があるので、フィルタが割愛され、スパイクがみられますので

f:id:MatsubaraHarry:20210714174515j:plain

後段の定電圧回路で、伝搬しやすい高調波を、チップセラミックでしっかり抑えました。

OpAmp電源

OpAmpの電源もいつもどおり、仕上げました。

f:id:MatsubaraHarry:20210714180500j:plain

  • 電圧変更 19V->16V
     musesを装着するので、16Vに落とします。
     電圧を落とすことで、電流容量もアップします。
  • トランジスタ、抵抗
     電圧を落とし、電流がアップしていますので、容量アップします。
  • 平滑コンデンサ
     オリジナルでは、セラコンですが、高分子の電解コンにし、
     高周波と、低周波改善させています。
  • パスコン
     OpAmpの直下にセラコンを取り付け、高調波のターミネーションを実施

OpAmpの電源は、とても重要なので、きちんと対策します。

アンプ基板側電源

上記で測定した電力用電源が、ケーブルでアンプ基板に接続、大きなコンデンサ4つで平滑しています。これが、PA-302の力強さと、歪の小ささの特徴の要になっています。

f:id:MatsubaraHarry:20210714175756p:plain

ほとんど揺れが確認できないレベルに落ち着いているのがわかります。

 出力確認

最後にピアニシモカスタムの確認として、出力信号を確認し、カップリングを交換します。

微小電圧

PA-302はオリジナルでも優れたSN比を誇ります。

f:id:MatsubaraHarry:20210714180143p:plain

高調波対策で、さらにノイズを抑えることが確認できました。

 

周波数特性

カップリングを交換まえにオリジナルを測定します。

f:id:MatsubaraHarry:20210714181210j:plain

かまぼこタイプのとても良い特性です。

カップリング交換

カップリングは、高分子フィルムを採用します。高分子フィルムは、色付けがほとんどなく、歪も感じられ、かつとても小型で搭載が合理的にできます。

小型なので、容量も4.7uからアップすることができ、低域も改善できます。

f:id:MatsubaraHarry:20210714184406j:plain

複数のコンデンサを使うと、どうしても、干渉が気になります。
電解コンデンサカップリングに使う場合、高域のタレを防ぐため、小さなフィルムコンデンサを並列に使います。
この、高域補正のコンデンサを今回も、取り除いていますが、高域特性を保持しながら、容量アップで、低域を改善ができました。

大きなフィルムコンデンサを無理に装着するより、シンプルで、合理的な施工です。

まとめ

いかがでしたでしょうか、音は、なかなか書面では伝わりにくいのですが、施工もシンプルで、特性がしっかり確認でき、素直なアナログアンプの音が聞こえてくるのではないでしょうか。

PA-302シリーズは、内部に余裕がありますので、状態のよいPA-302を見つけられたら、ぜひ、手にしてみてください。ご自分で、カスタムしても良いですし、難しかったら、当方まで、お気軽にメールでお願いします。

(迷惑メール防止の為、メールアドレスはプロフィールより探してみてください。)

 

ナカミチ PA-302S ピアニシモカスタマイズ ① (21-07) 初期整備編 - pp audio blog

PA-302 カテゴリーの記事一覧 - pp audio blog

カスタムナカミチアンプ

オークションに当方が電源ノイズ極小カスタムしたアンプを出品していることがあります。数が少ないので、遭遇された場合は、お早めのご入札お願いします。

ヤフオク!

 ヤフオク! ナカミチメンテナンス 出品リスト

 

使用した測定器

使用している測定器は、SDS1102というデジタル・オシロスコープ

廉価版(三万円以下)でオーディオの帯域では十分な能力を有しています。

FFTを駆使すれば、ノイズや、歪の傾向も見ることができます。

波形貼り付けもPCにUSBで可能です。

奥行きがとても薄いので、机の上に常備しています。

  

OWON ハイコストパフォーマンスデジタルオシロスコープ 1Gs/s 100MHz帯域 薄型軽量 SDS1102

にほんブログ村 車ブログ カー用品・装備へ
にほんブログ村

ナカミチ PA-302S ピアニシモカスタマイズ ① (21-07) 初期整備編

ナカミチ カーアンプの銀アンプシリーズ(PA-202/302/304/301)の中で基板のレイアウトが余裕がありとても裸特性がよいPA-302をピアニシモ整備いたします。
今回のアンプは、時折音がでないとのことでしたが、内部はとてもきれいな状態です。
その状態のよいPA-302Sをカスタム・メンテナンスしてみたいと思います。

f:id:MatsubaraHarry:20210714171144j:plain



 はじめに

PA-302Sは、PA-302のグレードアップバーションです。
セラミックコンデンサの代わりにフィルムコンデンサをつかっており、電源のチョークコイルも、大きめのタイプを使っています。

PA-302シリーズは、強力な電源でサブウーファ、低歪の特徴で、MID、高SN比率の特性を活かしツイータにも使える万能アンプです。

f:id:MatsubaraHarry:20210530190641j:plain

状態

外形は、大きな損傷は見当たらず、とても良い状態です。

f:id:MatsubaraHarry:20210712095529j:plain



内部は、とてもきれいです。

f:id:MatsubaraHarry:20210712095631j:plain



基板も

f:id:MatsubaraHarry:20210712095610j:plain

液漏れ等の痕跡はなく、とてもきれいです。

電源状態

問題なく通電、動作しましたので、電源の状態を確認しながら、基本整備してみます。

オリジナルの状態を確認でき、とても恵まれました。

f:id:MatsubaraHarry:20210530191331j:plain

入力ノイズ

PA-302は、大型のコイルでノイズ対策が施されとても良好ですが

f:id:MatsubaraHarry:20210712095756j:plain

基本的な高負荷コンデンサの交換にての効果が確認できました。


一次側

一次側は、3V強のリップルノイズが観測されます。

f:id:MatsubaraHarry:20210712095853j:plain

2V程度に抑えることができています。今後高調波対策を施せば、1V以下に抑えられそうです。

二次(電力用)

二次の電力用は、少し小さめの電解コンデンサが装着されています。

f:id:MatsubaraHarry:20210712100015j:plain

ここに大きめの電解コンデンサも装着できるのですが、アンプ側に大型のコンデンサが4つついているので、高周波の抑制を狙って、程々の容量で、一番リップルが抑えられるものを選定しています。(オリジナルの倍の容量ですが、高周波のインピーダンスは、優れたものを採用しています。)

二次側(電圧用)

電圧用は、後段に定電圧回路があるので、フィルタが割愛されています。

f:id:MatsubaraHarry:20210712100154j:plain

コンデンサを高周波数特性の良好なものに交換し、確実に抑えています。

アンプ基板側電源

先の電力用電源がケーブルでアンプ基板に接続され、大きなコンデンサ4つで平滑しています。

下記の違いは、初段の電力用電源の対策の効果のみになります。

f:id:MatsubaraHarry:20210712100516j:plain

 

ほとんど揺れが確認できないレベルに落ち着いているのがわかります。

 つづく

基本調整を行いながら、不具合の再現を注意していましたが、残念ながら、確認できていません。

不具合要因

考えられるのは、

  • ブリッジのスイッチが中途半端
     電源投入中にスイッチを切り替えるとプロテクトが働き、音がでなくなります。
    中途半端な状態だと、振動等で発生することが考えられます。
  • ジャンパ線が短い
     そのため、ハンダが不完全な箇所がありました。

この2つでしたが、通例、コンデンサの液漏れによる、基板の腐食等による接触不良や、Trの動作不良ですが、今回は状態がとても良いので、進行性の問題はなさそうです。

 

引き続き、周波数特性や、出力波形を、カップリングの交換を行いながら、確認し、ピアニシモ仕様に仕上げてみたいと思います。

 

PA-302 カテゴリーの記事一覧 - pp audio blog

カスタムナカミチアンプ

オークションに当方が電源ノイズ極小カスタムしたアンプを出品していることがあります。数が少ないので、遭遇された場合は、お早めのご入札お願いします。

ヤフオク!

 ヤフオク! ナカミチメンテナンス 出品リスト

 

使用した測定器

使用している測定器は、SDS1102というデジタル・オシロスコープ

廉価版(三万円以下)でオーディオの帯域では十分な能力を有しています。

FFTを駆使すれば、ノイズや、歪の傾向も見ることができます。

波形貼り付けもPCにUSBで可能です。

奥行きがとても薄いので、机の上に常備しています。

  

OWON ハイコストパフォーマンスデジタルオシロスコープ 1Gs/s 100MHz帯域 薄型軽量 SDS1102

にほんブログ村 車ブログ カー用品・装備へ
にほんブログ村

ピュア アナログパワーアンプ PA-300II ピアニシモ・カスタム ('21-07)

PA-300IIは、カップリングレスのストレートアンプで、そのナチュラルさで多くのファンを魅了してきています。そんなPA-300IIですが、どうしても、年月を重ねていますので、外観も、動作もままならない機体が多いです。

そんな一台を、きれいにメンテナンスし、ピアニシモモデルにしてみました。

f:id:MatsubaraHarry:20210709215250j:plain

 はじめに

もう、皆様ご承知とのことと。ナカミチのアンプでもカップリングの入っていない、DCストレートアンプ。ゲインも入力を絞るのではなく、フィードバックの量で調整しているこだわりよう。未だに、多くのファンがいらっしゃるのも納得です。

仕様

黒アンプは、後継機のPA-303より、出力は、少し控えめですが、特性の部分は、少し上です。

f:id:MatsubaraHarry:20210223112425j:plain

出力は、PA-302より若干小さいですが、75Wで通常に使う分には十分なパワーがあり、歪や、SN比は、後継機種よりも優れています。

外観

清掃及び、僅かな補修をほどこし、きれいに仕上げてみました。

f:id:MatsubaraHarry:20210709215708j:plain

端子台は、準互換品ですが、新品を装着しています。電流容量も20Aで、標準以上でしょうか。

底面

底板も、再塗装を施し、清潔感があるようにしています。

f:id:MatsubaraHarry:20210709215923j:plain

基板

基板は、とても状態がよく、いつもの高調波対策を施し、蘇らせています。

f:id:MatsubaraHarry:20210709220021j:plain

カスタマイズ

高負荷の電解コンデンサ等は、これまでの測定の経験を元に、無理やり大きなものを装着するのではなく、最適な結果が出るよう、吟味した部品を厳選しています。

 

f:id:MatsubaraHarry:20210709220141j:plain

その結果、見た目は、標準と大きく差異がなく、物理的にも安心できる状態に仕上げています。

オリジナル状態

ここで、カスタム前のオリジナル状態の確認データを紹介します。

オリジナルがきちんと動作していた、こと、または、オリジナルに近い状態で、動作ができるようにしてから、高調波カスタム、ピアニシモ仕様にカスタマイズしています。

電源確認

PA-300は、後継機よりコンパクトに作られています。

回路構成は、ほぼ同等ですが、後継機は、電力用電源にフィルタが装着されています。(点線のコイル)

f:id:MatsubaraHarry:20210709222008j:plain

一次側状態

一次側状態を観測してみました。

f:id:MatsubaraHarry:20210709222218j:plain

大きく見えますが、標準状態で、正しく動作しているのがわかります。

 

二次側(電力)

メインの電源の状態を確認します。

f:id:MatsubaraHarry:20210709222334j:plain

後継機は、三角波の波形ですが、PA-300IIは、フィルタが無いため、スパイクが多少見られます。電圧も約30Vきっちり出力され、正常動作しています。

二次側(電圧用)

電圧用は、後段に定電圧回路があるため、多少リップルが見られます。

f:id:MatsubaraHarry:20210709222607j:plain

正常状態で、電圧も約38V程度あります。

カスタマイズ後の確認

高負荷の電解コンデンサは、現在の長寿命、低ESRの部品と交換。

さらに、スパイクは、吟味した容量のセラコンを用います。

一次側

入力は、スパイクと変動があるので、高分子コンデンサを追加し、一次側は、複合種のコンデンサで抑制を試みます。

f:id:MatsubaraHarry:20210709222907j:plain

いい感じに抑制できています。

一次側の改善手順の経過を、ダイジェストで示すと

f:id:MatsubaraHarry:20210709223122j:plain

面白いように低減しますが、物理的の改造と、容量や、種類の選択には、これまでの経験より、導いた結果です。

二次側(電力)

電力なので、少し大きめの容量のコンデンサがほしいところですが、

f:id:MatsubaraHarry:20210709223429j:plain

近い場所から、高周波対応のコンデンサを装着して、最後に大きめの電解コンデンサでまとめています。

 

 

二次側(電圧)

電圧用もその尖塔波形が厳しいので、幾度となく電解コンデンサの容量、種類をかえてみて、

f:id:MatsubaraHarry:20210709223632j:plain

効果的な、組み合わせ方法で、合理的に抑えることができました。

OpAmp電源

OpAmpの電源は、誘導と反射のノイズが観測されていますので

 

f:id:MatsubaraHarry:20210709223754j:plain

エネルギーは小さいので、セラコンで抑えることができます。

出力波形

最後に、微小出力と周波数特性を確認します。

微小出力

ナカミチは、ノイズが少ないので、-80dBの状態で確認できます。

(海外のアンプは-60dBで10倍違いますが、それは、目指しているところがちがうためですね)

標準との比較ですが

f:id:MatsubaraHarry:20210709223852j:plain


わずかに改善していることが分かります。

周波数特性

最後に周波数特性を確認します。

f:id:MatsubaraHarry:20210709223910j:plain

 

100kHzでも-3dBと、とても良好な状態であり、正常動作していることが確認できました。 

まとめ

何度も取り扱っているPA-300IIを極上の状態にしあげてみました。

少し歴史のあるアンプですので、ゲインを少し落とし、使いやすくしています。

この他細かなカスタムをしています。

f:id:MatsubaraHarry:20210620133036j:plain

 

最後に

最後まで、閲覧ありがとうございます。

いかがでしたでしょうか。何度メンテナンスしても、PA-300IIは、その素晴らしい素性に、うっとりしてしまいます。

けっして、大容量ではないですが、こんなピュアなアンプで、素朴なソースをフルレンジで鳴らすと、もう、なにもいらなくなるのは、当方だけでしょうか。

 

これまでのPA-300シリーズは、下記よりご覧になれます。

PA-300 カテゴリーの記事一覧 - pp audio blog

 

もし、オークションでPA-300IIやLimitedを見かけたらご検討されてはいかがでしょうか。

 

今までのPA-300のメンテナンスは、下記よりご覧になれます。

PA-300 カテゴリーの記事一覧 - pp audio blog

カスタムナカミチアンプ


オークションに当方が電源ノイズ極小カスタムしたアンプを出品していることがあります。数が少ないので、遭遇された場合は、お早めのご入札お願いします。

ヤフオク!

 ヤフオク! ナカミチメンテナンス 出品リスト

 

使用した測定器

使用している測定器は、SDS1102というデジタル・オシロスコープ

廉価版(3万円以下)でオーディオの帯域では十分な能力を有しています。

FFTを駆使すれば、ノイズや、歪の傾向も見ることができます。

波形貼り付けもPCにUSBで可能です。

奥行きがとても薄いので、机の上に常備しています。

  

 

にほんブログ村 車ブログ カー用品・装備へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

ナカミチ PA-304 カスタム・メンテナンス ('21 7) 整備録

時折、音が出なくなる症状のPA-304が流れ着きました。

幸いなことに、内部の状態は良さそうです。きっちりメンテナンスし、ナカミチの音を蘇らせてみたいと思います。

f:id:MatsubaraHarry:20210706194752j:plain

 

 はじめに

おなじみの45W x 4chのパワーアンプ PA-304。人気のアンプです。

PA-30xシリーズの中でも、少し回路が多く物理的に厳しいアンプで、どうしても長年使っていると不具合を起こすことがあります。

PA-304仕様

f:id:MatsubaraHarry:20210523171308j:plain

このPA-304は、4chアンプで、4スピーカ仕様、マルチアンプ、さらに、BTL2chの高出力と、様々な使い方ができるのが、人気の特徴ですね。

内部状態

裏蓋を外すと、一部液漏れが確認できますが、比較的小さな範囲ですので、修復できそうです。

f:id:MatsubaraHarry:20210706195045j:plain

部品面を確認しても、著しく部品が損傷しているものは見当たりませんので、比較的良好です。

コンデンサの液漏れは、二次の部分です。

f:id:MatsubaraHarry:20210706195331j:plain

メンテナンス依頼していただいて、損傷がひどくならずに済みました。

よかったです。

メンテナンス

早速、メンテナンスしてみました。

基板洗浄

電解液を中和しつつ、洗浄します。

f:id:MatsubaraHarry:20210706195510j:plain

二次の電源パターンを中心に、ジャンパや抵抗を外して、研磨します。

しっかり腐食を除去しておかないと侵食が進んでしまい、また動かなくなってしまいますので。

  • 電解液の浸透した部品を外す
  • パターンを研磨
  • 部品取り付け穴を洗浄
  • 部品取り付け
  • レジスト

という、工程でしっかり修正します。

手間がかかりますた、しっかり直しておきます。

部品実装面状態

液漏の、二次の電解コンデンサ(写真左下)をはすし、

f:id:MatsubaraHarry:20210706195736j:plain

ジャンパや抵抗を新品に交換して、新しいコンデンサを取り付けます。

修繕完了

修繕が一通り終了しました。

f:id:MatsubaraHarry:20210706195902j:plain


高調波対策は、一度動作確認を行ってから進めます。

動作確認

基本修繕きちんとできているか、電源を中心に確認してゆきます。

一次電源ノイズ

一次(入力、一次)のノイズを確認します。

f:id:MatsubaraHarry:20210706195924j:plain


入力の変動も小さく、一次側も7V程度あり、少し大きめでしょうか。

問題なく、動作確認ができました。

二次側(電力用)

チョークコイルが入っている為、三角波の電源波形が観測できます。

f:id:MatsubaraHarry:20210706200105j:plain

 

標準的な波形で、正しく動作しています。

二次側(電圧用)

電圧用は、標準では、スパイクが強めですが

f:id:MatsubaraHarry:20210706200201j:plain


100mV以下ですので、とても優秀です。電解コンデンサが低ESR品の効力です。

スパイクは、この後、きっちり抑え込む予定です。

OpAmp電源

一般的には、ノイズが確認できます。

f:id:MatsubaraHarry:20210706200514j:plain

平滑コンデンサに小さめのセラミックが使われているので、少し波が確認できます。

微小出力波形

簡単に出力の状態を確認してみます。微小出力状態なので、とても厳しい測定ですが

f:id:MatsubaraHarry:20210706200631j:plain

少し、標準的な、高調波が観測できます。

高調波カスタマイズ

さて、いつものピアニシモカスタマイズを行ってみます。

一次側

効果が顕著に確認できる一次側。高分子やセラコンを使って抑えます。

f:id:MatsubaraHarry:20210706201314j:plain

少し一次は、スパイクが大きめでしたが、0.5V程度に抑え込めています。

二次側(電力)

チョークコイルを、トロイダルコイルに変えていますので

f:id:MatsubaraHarry:20210706201558j:plain


同容量にも関わらず、チップコンデンサの効力との相乗効果で、きっちりと抑え込めています。

二次側(電圧)

電力こそ小さめですが、スパイクが目立つ二次側も

f:id:MatsubaraHarry:20210706201622j:plain

スパイクを適度に抑えているのが確認できます。

OpAmp電源

OpAmpの電源は、PA-304のアキレス腱でもありますが、放熱の対策をしっかり行い、

f:id:MatsubaraHarry:20210706201640j:plain


きっちり抑え、OpAmpへの影響を無視できるレベルであることが確認できます。

出力信号

これらの効果をアンプの出力端子の状態で確認します。

微小信号

少し大きなノイズが観測された

f:id:MatsubaraHarry:20210706201654j:plain
-80dBと微小なレベルですが

f:id:MatsubaraHarry:20210706201705j:plain
しっかり基本波がみえるまでになりました。

周波数特性

カップリングもオリジナルのままの仕様です。

念の為、一般的なPA-304と比較してみました。

 

f:id:MatsubaraHarry:20210706201729j:plain

ぴったり、一致しています。標準的なPA-304に仕上がりました。

まとめ

幾度となく繰り返した高調波対策が収束方向に向い、対策がまとまってきました。
今回のアンプは、少しの修繕で、効率的にカスタマイズをすすめることができました。

f:id:MatsubaraHarry:20210706201915j:plain

基板実装状態は、決して大げさではありませんが、実力は、これらの数値が物語ってくれます。

ハンダ面もレジストの補修を行い

f:id:MatsubaraHarry:20210706201936j:plain


完成です。

f:id:MatsubaraHarry:20210706201950j:plain


端子台ネジもスピーカ用は、幅の狭いものに統一して完成です。

ヒアリング

 電源のピアニシモ化で、オリジナルの音声回路が生かされ、ゆったりと聴ける仕上がりになりました。

最終的には、オーナーの方に判断を委ねます。

 

 

***

 

いかがでしたでしょうか。オリジナル性を重視した、ピアニシモ仕様もとても魅力的です。一度聞いてみたいと思われたなら嬉しいです。

もし、同じ様にカスタムをしてみたいと思われたらプロフィールのメアドまでご連絡お願いします。

 

これまでのPA-304のメンテナンスは、下記よりご覧になれます。

 

PA-304 カテゴリーの記事一覧 - pp audio blog

 

カスタムナカミチアンプ

オークションに当方が電源ノイズ極小カスタムしたアンプを出品していることがあります。数が少ないので、遭遇された場合は、お早めのご入札お願いします。

ヤフオク!

 ヤフオク! ナカミチメンテナンス 出品リスト

 

使用した測定器

使用している測定器は、SDS1102というデジタル・オシロスコープ

廉価版(3万円以下)でオーディオの帯域では十分な能力を有しています。

FFTを駆使すれば、ノイズや、歪の傾向も見ることができます。

波形貼り付けもPCにUSBで可能です。

奥行きがとても薄いので、机の上に常備しています。

 

OWON ハイコストパフォーマンスデジタルオシロスコープ 1Gs/s 100MHz帯域 薄型軽量 SDS1102

 

にほんブログ村 車ブログ カー用品・装備へ
にほんブログ村