Cork

pp audio blog

オーディオと電源回路 ピアニシモを聞くために

Nobsound TPA3116 デジタルアンプ 素性測定

小型で100Wx2のスペックを誇るNobsoundのデジタルアンプがやっと届きました。

外観も少し高級志向ですので、期待が高まります。

その素性を早速測定してみたいと思います。

f:id:MatsubaraHarry:20200520205408j:plain

 はじめに

セット内容

 セットは、アンプ本体とアダプタ付のみになります。

f:id:MatsubaraHarry:20200520205537j:plain

アンプ本体に比べACアダプタが大きいですね。さすが200W出力を誇るだけあります。

フロント

フロントのデザインは、シンプルです。電源SWと、ボリュームのみ。

f:id:MatsubaraHarry:20200520205704j:plain

パワーランプは、オフでも、アダプタが通電していると、ぼんやり光ります。

 

リアパネル

リアパネルは、そのサイズギリギリに、スピーカ端子(バナナジャック対応)を配置しています。

f:id:MatsubaraHarry:20200520205924j:plain

 流石にスピーカケーブルは、少しつけにくいですが、最初だけですので、許容範囲です。

 内部

さて、内部の状態も見てみましょう。

f:id:MatsubaraHarry:20200521110249j:plain

電解コンデンサが10個も並んでいます。

大きなコイルも見られます。

f:id:MatsubaraHarry:20200521110333j:plain

カップリングコンデンサにはWIMAを使用しています。

OpAmpはTIの5532を採用。

 

コストを抑えつつ、厳選したパーツ群、こだわりが感じまれます。

 

Nobsound Mini Bluetooth デジタルアンプ HiFi ステレオ AMP 100W×2

測定

早速測定してみます。正弦波を与えて、出力波形を測定します。

限界出力

いきなり、限界出力を測定してみます。

f:id:MatsubaraHarry:20200520210219j:plain

約12.6V(rms)が限界でした。これより計算すると正弦波の限界は、8Ωで、20W程度になります。4Ωですと約40Wになります。

矩形波での出力としても18Vなので80Wが最大になります。

まだ乖離がありますので、100Wの背景は、別途調べて見たいと思います。

限界測定

限界値を探る時の様子です。

f:id:MatsubaraHarry:20200520210334j:plain

正弦波の頭が、平になってゆくのが分かると思います。

またFFTの高調波のヒゲも出てきます。理論通り、基本波の逓倍周波数が現れていそうですね。

 

限界時の波形変化

上の波形を重ねてみます。波形の崩れ方が、一定電圧でクリップしているのがよくわかります。

f:id:MatsubaraHarry:20200520211352j:plain

 

LP-2020Aとの波形比較

同じデジタルアンプと波形を1kHzと20kHzにて比較してみました。

 

f:id:MatsubaraHarry:20200520213030j:plain

波形が太くなっていない(ノイズが乗っていない)のが良くわかります。

 

SN比

気になるのが微小出力時の波形です。ノイズとの差がどの程度あるでしょうか。

f:id:MatsubaraHarry:20200520211632j:plain

18mVの出力で約40dBのS/N比です。この波形自体デジタルアンプとしてはとても優秀だと思います。

トータルのSN比率は、先の最大出力が12.64Vだったので、これより計算すると

SN比:97dB

優秀です。

ミニスピーカであれば、ノイズは聞こえないでしょう。

小波形拡大

前回の波形と比較するため、80mV程度の正弦波と矩形波を観測

f:id:MatsubaraHarry:20200520212011j:plain

少し波形が太くなっていますが、良い感じです。

 

ちなみに同じ様なデジタルアンプLP-2020A+と比較すると

f:id:MatsubaraHarry:20200520212213j:plain

歴然ですね。高調波フィルタがしっかり効いています。

カスタムアンプとの微小波形の比較

LP-2020Aは、出力段のフィルタを修正して改善した経緯があります。

その波形と比較してみると。

f:id:MatsubaraHarry:20200520212321j:plain

頑張って改善したものより、TPA3116の方が良さそうですね。

素晴らしいです。

 

f特

気になる周波数特性です。

f:id:MatsubaraHarry:20200520212516j:plain

流石に低域は、少し落ちていますが、高域は、20kHzで0.5dB程度の上昇。

フラットといって良いでしょう。

睨んだ通り、高調波フィルタがしっかり効いています。

低域の不足は、カップリングコンデンサが小さいからでしょうか。後日調査してみたいです。

LP-2020A+とのf特比較

LP-2020A+と比較してみます。

f:id:MatsubaraHarry:20200520212643j:plain

後発のデジタルアンプとあって良好ですね。

 

 

カスタムアンプとのf特の比較

 

当方がカスタムしたLP-2020A+は、高調波を抑えるため、20kHzから少し減衰しています。

f:id:MatsubaraHarry:20200520212752j:plain

 高域が少し上昇していますが、ハイレゾ帯域を十二分にカバーしています。低域は、カスタムアンプには、カップリングコンデンサの改善効果で伸びています。

このアンプも低域を改善してみたいですね。

まとめ

少しランクの上の小型デジタルアンプをテストしてみましたが、いかがでしたでしょうか。ノイズがしっかり抑えられた、まとまったアンプに仕上がっていると思います。

100Wを期待されている方は、インピーダンスの小さいスピーカでないと期待の出力は得られないかもしれません。それでも、このボディで40Wが余裕で絞り出せるのはすごいと思います。デジタルのノイズも良く抑えてあり、アナログアンプと聴き比べても良いクラスと思います。

小型のアンプを探している方、検討候補におすすめできます。

 

同じサイズでTPA3116が一つのものと2つのものがあります。

もし選ばれる方は、確認が必要です。

現在は、Bluetooth付きのものがありました。

 

Nobsound Mini Bluetooth デジタルアンプ HiFi ステレオ AMP 100W×2

Nobsound Mini Bluetooth デジタルアンプ HiFi ステレオ AMP 100W×2

 

 

にほんブログ村 車ブログへ

 

 
カスタムナカミチアンプ

オークションに当方が電源ノイズ極小カスタムしたアンプを出品していることがあります。数が少ないので、遭遇された場合は、お早めのご入札、ご検討ください。

       よりすぐりのナカミチアンプたち)