Cork

pp audio blog

オーディオと電源回路 ピアニシモを聞くために

ナカミチ PA-304 カスタム・メンテナンス #3 ('21 5) ① 状態確認・整備

おなじみのPA-304の整備録になります。
最初に状態確認をしたところ、コンデンサの液漏れが見受けられました。
きちんと修繕して、最終的にmuses02仕様にて仕上げたいと思います。

f:id:MatsubaraHarry:20210523171222j:plain

 はじめに

おなじみの45W x 4chのパワーアンプ PA-304ですね。

PA-304仕様

f:id:MatsubaraHarry:20210523171308j:plain

4chのアンプは、4スピーカ仕様、マルチアンプ、さらに、BTLで高出力と、様々な使い方ができます。

状態

PA-304、PA-302等は、歳を重ねると、どうしても不具合の生じてしまうことがあります。

f:id:MatsubaraHarry:20210523171616j:plain

このアンプも、一次側のコンデンサの液漏れが見受けられます。

メンテナンス

早速、メンテナンスしてみました。

基板洗浄

電解液を中和しつつ、洗浄します。

f:id:MatsubaraHarry:20210523171820j:plain

レジストが剥がれてしまっています。

拡大してみると

f:id:MatsubaraHarry:20210523171929j:plain

コンデンサの足の銅箔が、円状に溶けてしまって、切断しているのが分かります。

パターン修正

電源パターンなので、丁寧に修繕します。

f:id:MatsubaraHarry:20210523172050j:plain

  • パターンを研磨
  • 全体に予備ハンダ
  • 銅箔をはりつけ
  • 取り付け穴を開ける
  • ハトメで固定
  • 部品取り付け

という、工程でしっかり修正します。

とても手間がかかるので、採算がとれず、対応していただけるところは、なかなか少ないと思います。

部品実装面状態

液漏れは、一次の電解コンデンサ(写真左下)のみで

f:id:MatsubaraHarry:20210523172602j:plain

しっかり洗浄し、腐食が進行しないようにしています。

OpAmp

アンプ基板側にあるOpAmpの電源は、ロットによって、少し熱が上昇する傾向があります。

そのため、基板が焼けて、傷んでいる場合があります。

f:id:MatsubaraHarry:20210523173958j:plain

今回も、素子自体を大きくし、放熱効率をあげています。

その際、トランジスタの足は、ハトメで、パターンに負荷がかからないように強化しています。これにより、パターン剥がれ、切れが発生しないようになります。

修繕完了

修繕が一通り終了しました。

f:id:MatsubaraHarry:20210523174701j:plain

高調波対策や、OpAmp、カップリングは、一度動作確認を行ってから進めます。

動作確認

基本修繕きちんとできているか、電源を中心に確認してゆきます。

一次電源ノイズ

一次(入力、一次)のノイズを確認します。

f:id:MatsubaraHarry:20210523174947j:plain

入力の変動も小さく、一次側も2V程度ありますが、標準状態です。

きちんと動作しています。

二次側(電力用)

チョークコイルが入っている為、三角波が一般的です。

f:id:MatsubaraHarry:20210523175101j:plain

標準的な波形で、正しく動作しています。

二次側(電圧用)

電圧用は、標準では、スパイクが強めですが

f:id:MatsubaraHarry:20210523175245j:plain

100mV以下ですので、とても優秀です。電解コンデンサが低ESR品の効力です。

スパイクは、この後、きっちり抑え込む予定です。

OpAmp電源

一般的には、ノイズが大きく見られるところですが

f:id:MatsubaraHarry:20210523175632j:plain

すでに、大型の素子に交換、またコンデンサに高分子を使っているので、かなり良好です。これもパスコン追加で測定限界へ抑え込んでみたいと思います。

微小出力波形

簡単に出力の状態を確認してみます。微小出力状態なので、とても厳しい測定ですが

f:id:MatsubaraHarry:20210523175800j:plain

ノイズが目立ちますが、ナカミチだから、このレベルで済んでいます。
他社のアンプで、20mVレンジの波形は、1kHzの基本波がわからないことも珍しくありません。これもきっちり直してゆきます。

つづく

正常にアンプが動作することが確認できたので、次に、いよいよピアニシモ仕様のカスタマイズに進みます。

これまでのPA-304のメンテナンスは、下記よりご覧になれます。

 

PA-304 カテゴリーの記事一覧 - pp audio blog

 

カスタムナカミチアンプ

オークションに当方が電源ノイズ極小カスタムしたアンプを出品していることがあります。数が少ないので、遭遇された場合は、お早めのご入札お願いします。

ヤフオク!

 ヤフオク! ナカミチメンテナンス 出品リスト

 

使用した測定器

使用している測定器は、SDS1102というデジタル・オシロスコープ

廉価版(3万円以下)でオーディオの帯域では十分な能力を有しています。

FFTを駆使すれば、ノイズや、歪の傾向も見ることができます。

波形貼り付けもPCにUSBで可能です。

奥行きがとても薄いので、机の上に常備しています。

 

OWON ハイコストパフォーマンスデジタルオシロスコープ 1Gs/s 100MHz帯域 薄型軽量 SDS1102

 

にほんブログ村 車ブログ カー用品・装備へ
にほんブログ村